婚活を失敗してしまう理由

婚活女性の高望み|注意が必要な『2つのタイプ』と解決方法まとめ

高望み 女 婚活

 

 

特に高望みなんてしてないんだけどな…
本当にそうでしょうか?

「高望みなんてしていないのに、婚活がなかなか上手くいかない…と嘆く女性は多いですよね。

しかし、口ではそう言っていても本当に高望みをしていないのでしょうか。

具体的な例を見ながら考えていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

高望みをしてしまう女性のタイプ2つ

婚活で高望みをしてしまう女性には2タイプがいます。

  1. 若いころにモテた女性
  2. 平均を好む女性

あなたはどちらのタイプですか?

えっ?どちらでもない?本当に?

 

では、具体的にチェックしてみましょう!

 

TYPE1:若い頃にモテた女性

ここまできて今までの彼氏よりスペック下げるなんてイヤ!
いいえ、ここまできたからこそ下げましょう

見た目がきれいで若い頃にモテモテだった女性。

20代は色々な人にチヤホヤされて遊びまくり、気付けば30代。

「本腰入れて婚活しよう!」と思っても、20代の頃の感覚が抜けず、未だに【選ぶ立場】だと勘違いし、相手に厳しい条件をつけてしまうのです。

 

本人としては、今まで色々な彼氏と付き合ってきたのにここまで結婚をしなかったのだから・・・

「今までの彼氏よりも条件のいい人と結婚がしたい!」と考えてしまうかもしれません。

 

しかし、『なぜ婚活で失敗してしまうのか』でも説明した通り、婚活において重要なのは年齢です。

もちろん、20代に比べ、成長した部分も色々とあるでしょう。

年収や人脈や経験などなど。

しかし、それらをはるかに上回るほど「若さ」は重要なのです。

 

それを踏まえた上で、きつい言い方かもしれませんが言いましょう。

どうして30代の自分が20代の自分より条件のいい人と結婚出来るのでしょうか。

それこそ高望み以外の何者でもありません。

 

しかし彼女たちは高望みをやめようとはしません。

「希望条件を下げて、自分と不釣り合いな人と結婚するくらいなら結婚しない方がマシ」

そう、プライドが邪魔をするのです。

もちろん本音でそう思っているのなら、それでも構いません。

 

しかし、プライドが邪魔をしているようであれば、それで幸せな結婚をあきらめ、売れ残りとなってしまうのは非常にもったいないと思います。

 

TYPE2:平均を好む女性

私はそんなんじゃないの。もう年収とか見た目とか、いたって全部普通でいい
なるほど…。それは…婚活においては高望みかもしれませんね

 

  • 「年収1000万円とか言ってる訳じゃない!」
  • 「相手の見た目だって普通でいいの」
  • 「まぁ、でも性格は穏やかな人がいいのよね。そこは譲れない」
  • 「でも、これって全然高望みじゃないじゃん!何で上手くいかないのー!?」

確かに一見すると高望みをしていなさそうですよね。

 

今の条件を箇条書きにするとこんな感じ。

  1. 平均的な収入
  2. 平均的な見た目
  3. 平穏な性格

この条件ってどこかで見た事ありませんか?

そう、少し昔に流行った【三平】です。

 

三平とは、バブル期に流行した【三高(高学歴・高身長・高収入)】にかけて作られた言葉です。

上記の通り、収入も見た目も平均的で性格が穏やかな男性の事を指します。

 

「三高ならまだしも、この三平ならさすがに高望みじゃないのでは・・・」

と思われるかもしれませんが、これこそ婚活アラサー女子が陥る落とし穴!

三平に加え、

  • 年代は自分と同じくらい
  • 両親とは別居
  • 車も普通でいいから所有

なんて諸条件をくっつけていくと、もうすでに婚活においては超超超優良物件なのです。

あらゆる面において平均的という事は、飛び抜けた欠点がないという事ですからね。

正直、そんな人はそもそもすでに結婚している可能性が高いのです。

 

しかし、彼女たちは平均的な相手を求めているだけだと勘違い、高望みをしている自覚もなく、上手くいかない婚活にただただ焦ってしまうという事態に陥ります。

そしてアラフォーとなり、「売れ残り」という大変不名誉な称号をつけられてしまうかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

自分の高望みに気付いたら

では、自分の高望みや勘違いに気付いたらどうすればいいのでしょうか。

次項からは解決方法を見ていきましょう。

 

現在の自分を客観的に分析

アラサー婚活女性にとっては一番難しい事ですが・・・

現在の自分の価値、もっと言えば『婚活における市場価値を客観的に分析する事』です。

 

これは自分ひとりではかなり難しいですが、結婚相談所などに入会すれば大抵のところが行ってくれます。

さらに、簡易的なものであれば婚活サイトなどで行えたりもしますので、ぜひ一度分析してみてください。

今までの自分の問題点や勘違いに気付けるかもしれません。

 

 

 

自分の市場価値を上げる

そもそも何が高望みなのかは、人によって異なります。

正直、自分のスペック(容姿や収入、学歴など)がそれなりに高ければ、相手に同様のものを求めても高望みとは言われないかもしれません。

要は、自分に不相応な人を求めてしまうから高望みと言われてしまうので、自分の希望条件に合う人に『相応しい自分』へなればいい訳です。

 

とは言え、今から年収大幅アップや学歴アップは難しいので、出来る事と言えば容姿を磨く事でしょうか。

内面に関してももちろん磨く事は大切ですが・・・

自分の市場価値として内面を提示する事はかなり難しいので、やはり容姿を磨くべきでしょう。

 

これは主にTYPE1の方に当てはまりますが、TYPE2の方にしても言えることです。

自分の市場価値を上げれば、オール平均点以上の超優良物件を手に入れる事が出来るかもしれません!

>>>30代女性の婚活成功確率を“今すぐ上げる”具体的な方法とは

 

妥協点を見つける

そして、最も大切なことは妥協点を見つける事です。

『婚活が上手くいかない女性の特徴』でも挙げましたが、どこかしら妥協点を見つけておく事は婚活において非常に大切です。

 

もちろんそれは、オール平均点の超優良物件を見つける事が難しいためですが、それ以外にも重要なポイントがあります。

それは【妥協点を見つける事が出来る=物事を柔軟に考える事が出来る】という事だからです。

 

婚活が上手くいかない女性は・・・

うまく行かないことへの焦りによって、周囲からのアドバイスを聞き入れないなど頑になってしまうことが多いものです。

 

それでは上手くいくものもいかないですし、もったいないですよね。

しかし、今まで「自分の希望条件はこう!」とかたくなに決めていた所を、例えば…。

「まぁ、車はとりあえず必要ないからいらないかな」

「容姿は平均以下でもいっか(笑)大切なのは相性相性♪」

などなど、少しゆるく出来れば、その先の世界がぐっと広がっていくハズです。

 

もちろんそういった柔軟な考えが出来る女性は、男性と接する際の態度で分かりますし、男性側から見ても非常に好感が持てます。

そして何よりそういった女性は、ゴールインした後の長い結婚生活を強くしなやかに営んでいけるハズです。

それこそが、アラサー婚活女性の目指すべきものではないでしょうか♪

 

スポンサーリンク

 

まとめ

極論で言えば「自分の希望条件に見合う人がずっと現れない」という状態が続いたら、それは高望みをしているという事でしょう。

高望みを続けてしまうと、どんどんと婚活が難しくなってしまいます。

しかし、高望みをしている自分に気付き、そこから脱却しようと行動し始めれば、その先には明るい未来が待っているかもしれません。

 

 

一押しの結婚相談所

成婚率で決めるならIBJメンバーズ

東京 結婚相談所

婚活女性の悩みを解決するIBJメンバーズ!

徹底した成婚主義と驚異の成婚率には選ばれるだけの理由があります。

-婚活を失敗してしまう理由
-, ,

Copyright© 30代女性専用『婚活成功ノート』 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.