理想の結婚相手とは

結婚相手に求める理想の年収|現実との差を埋める為に

結婚相手 理想 年収

 

「30代女性の婚活で【高望み】は厳禁!」

とは言うものの、結婚相手とはその後の長い人生をともにする訳です。

色々と望んでしまうのも多少は仕方ないですよね。

 

中でも相手の年収は、その後のライフスタイルを決定づけるとても重要な要素です。

年収300万円と600万円ではライフスタイルが大きく変わってきますからね。

高望みしたくないけど…、アラサー女子に年収600万円の生活は無理なの!?
いえいえ、そんな事はありません。方法はいくつかありますよ。

アラサー女子だって年収600万円の理想的な生活を手にしたい!

という事で今回は
結婚相手に求める理想の年収|現実との差を埋める為に
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

 

未婚女性が結婚相手に望む年収は500万円

では、世の中の女性は結婚相手にどのくらいの年収を望んでいるのでしょうか。

自分は自分と思っていても、やっぱりちょっと気になりますよね。

それではどうぞ!

 

30代女性が結婚相手に求める年収

  • 第1位:500万円以上(41.0%)
  • 第2位:300万円以上(29.7%)
  • 第3位:700万円以上(12.9%)
  • 第4位:収入は関係ない(11.6%)
  • 第5位:1,000万円以上(3.2%)
  • 第6位:1,500万円以上(1.6%)

出典:アニヴェルセル株式会社

 

第1位が500万円以上。

次いで2位が300万円以上です

第3位は700万円以上で、約60%もの人が相手には年収500万円以上を望むという結果になりました。

「収入は関係ない」と言う人は10%程度しかいませんね。

 

やっぱりみんな年収に関してはシビアです。

しかし、30代で年収500万円以上の人はどの程度いるのでしょうか。

それは30代女性が婚活に失敗してしまう理由まとめ|原因を把握することが第一歩でもご説明した通り、全体の35%程度しかいません!

さらに700万円以上ともなると本当に希少な存在です。

相談者:えっ…。やっぱり年収600万円以上なんて夢のまた夢じゃない!
アドバイザー:いえいえ、何かしら妥協する事で可能になるんですよ

では、具体的に何をどう妥協すればいいのでしょうか。

 

 

 

理想的な生活を手に入れる為に

ポイントは以下の3つです。

  1. 共働きをする
  2. 年上のお相手を探す
  3. 妥協しないでとにかく頑張る!

では、詳しく見ていきましょう。

 

ポイント①共働きをする

金銭的に余裕のある理想的な生活を実現したいのならば、自分も働きましょう。

結婚相手の年収が600万円に届いていなくても、自分も働き世帯収入が600万円あれば、理想の結婚生活がおくれます。

 

今の時代共働きのご家庭が非常に多いですよね。

それだけ男性のみの収入で生活していくのが大変だという事でしょう。

 

「今まで頑張って働いてきたらか、結婚したら専業主婦になりたい!」と思っている人も多いと思います。

しかし、そのために高年収の男性を追いかけ過ぎて、結婚できなければ意味がありません。

 

また、金銭的に余裕のない生活を送り「結婚なんてしなければよかった!」と思っても意味がありません。

でれば、結婚後も働いて、家族として理想の生活を送りましょう。

 

もちろん働き方はさまざまです。

結婚前に勤めていた会社でそのまま働くもよし。

扶養の範囲内で、パートなどで働くもよし。

扶養の範囲内と言っても、年間で120万程度は稼げます。

 

そうすると、年収450万円の男性と結婚出来れば、世帯収入としては600万円弱です。

それなりに余裕のある生活が出来ますよ。

 

妥協して一般的な共働き家庭に入るか。

妥協せずに未婚のまま終わるのか。

選択肢は二つに一つです。

 

注意点①相手への配慮を忘れない

しかし、ひとつだけ注意点があります。

最近では結婚相手にも働いて欲しいという男性が増えているんだとか。

それはやはり『自分だけの給料で食べていくのが難しいと自覚しているから』でしょう。

 

しかし、男性にとってお給料の話は非常にナイーブな問題です。

間違っても「あなたの給料が安いから私も働きます」なんて口にしてはいけません!

こんな事を言われてしまっては男性のプライドがひどく傷つけられてしまいます。

 

あくまでも『家事も仕事も子育ても2人で頑張ろう!』というスタンスでいきましょう。

そうすれば、相手のプライドを傷つける事もなく、理想的な結婚生活がおくれますよ。

 

スポンサーリンク

 

ポイント②年上のお相手を探す

「専業主婦になりたいから相手にはそれなりの年収を望みたい」という人は、年の差を利用するという手もありますよ。

最近では日本でも実力主義が採用されているなんて言われますが・・・

まだまだ年齢とともに給与が上がる企業が多いです。

 

その証拠に、30代男性の平均年収が487万円なのに対して、40代は587万円100万円もの差があります。

年収の分布で見ても、30代(男女)では300万円〜400万円未満が一番多いのに対し、40代では400万円〜500万円未満が一番多いという結果になっています。

参考:転職なら、求人情報・転職サイDODA(デューダ

 

つまり、高年収の男性を狙うのであれば、同世代ではなく年上の40代もしくは50代を狙えばいい訳です。

最近では恋愛に消極的な20代30代よりも40代の方がいい!という女性が増えていたり、年の差を利用したお見合いパーティーなども開催されています。

 

注意点②老後のお金も考えておく必要がある

しかし、忘れてはならないのが老後のお金の問題です。

年上という事は、その分リタイアする時期も早く訪れます。

40代男性を狙うのであれば、リタイアまで20年もない計算になりますよね。

 

しかも、これから結婚して子どもを授かるとしたら、子どもが成人する前に父親が定年を迎える事になってしまいます。

  • もし大学に進学していたらその費用は?
  • まだまだ食べ盛りの高校生だったら生活費は大丈夫?

さらに、40代であればこの先の給与の伸びしろも限られるでしょう。

もし年上のお相手を狙うのであれば、そういった【今後】の問題はしっかりと考えておきましょう。

 

 

 

ポイント③とにかく頑張る!

最後の方法は・・・

高年収の男性と結婚できるように、とにかく頑張る!というものです。

年収600万以上の30代未婚男性はとても希少ではありますが、全くいない訳ではありません。

 

ただ、そういった男性と【出会い】、さらに相手に【自分を選んでもらう】までには難関がいくつもあるというだけです。

なので、その難関を勝ち抜いていきましょう。

 

注意点③戦略をたてる

とは言え、やはり口で言うほど簡単ではありません。

ライバルは20代。

自分よりも年齢がかなり下の若い子たちなのです。

闇雲に頑張ったところであまり意味がないでしょう。

 

本当にどうしても高年収の男性と結婚したいのであれば、まず戦略をたてる事が大切です。

『どこで出会い、さらに自分の何をアピールするのか』

 

一番のオススメは結婚相談所へ入会する事です。

もちろん、どの結婚相談所へ入会するのかも大きなポイントです。

 

さらに、結婚相談所でさまざまなサポートを受けつつ、エステなどで自分磨きも忘れずに!

相手に求めてばかりではいけません。

そうやって努力した先には、あなたの理想の生活が待っているかもしれませんよ!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ここまで色々とお金に関する事を書いてきましたが、最後にひとつだけ!

理想の結婚生活をおくるためには、確かにお金は必要不可欠です。

しかし、お金だけにとらわれて、相手の本質を見ないまま結婚してしまったら・・・

その結婚生活は上手くいかないでしょう。

年収も大切ですが、まずは相手の印象や性格、そういった面もしっかりと見極めていきましょう!

 

 

一押しの結婚相談所

成婚率で決めるならIBJメンバーズ

東京 結婚相談所

婚活女性の悩みを解決するIBJメンバーズ!

徹底した成婚主義と驚異の成婚率には選ばれるだけの理由があります。

-理想の結婚相手とは
-, ,

Copyright© 30代女性専用『婚活成功ノート』 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.